2011-10-04 [ Tue ]04:51:51
面会の時、父に要らぬ心配をかけたくないので
「絶対泣かない!」とココロに決めてたのに・・・

テレビでよく見るICU=集中治療室に通されると
何台かあるベッドの奥から2番目。

色んな管に繋がれた父の姿がありました。


母、私、主人の順に入って行ったんですが
麻酔がまだ残っているのと、大変な手術のあとですから。
当然ながら意識は朦朧としていました。

が、母が話しかけ、少し反応をしたあと
横から私が顔を出し、おもきし笑顔で

「もー、心配したやんかーー」

と明るく声をかけると、一瞬少し目を大きく開け
(私が来たことに驚いているようでした。)
酸素マスクの奥で

「来んでええのに」

と、唇が動いたのが見えました。

こんな姿でも「いつもの父」で居てくれたコトに
もう堪えられなくなり、スッと主人に場所を譲りました。

ぐしゃぐしゃになった顔を見られないよう点滴に少し隠れ
横から父と主人を見ていました。

6年ぶりに会う「息子」の手に手を沿え

「頼むぞ」

と、かすかに聞こえました。

倒れてしまった自分をきっと責めてるであろう父の心情を思うと
かける言葉が見つからず

子供のころに繋いだ以来の父の手を握り
「イイから」「大丈夫やから」と言うのが精一杯でした。

その後も3人で少し声をかけたり手を握ったりしましたが
もっと傍に居たかったし居てあげたかったけれど
痛みと吐き気でかなり辛い状態なのに
無理してハナシをしようとする父を休ませないといけないので

「明日また来るから。」

笑顔で明るくそう声をかけても
少し寂しい目をしたのがホント・・・辛かったです。

ICUを出る際、先生に

「父を宜しくお願いします。」

失礼なくらい泣きじゃくって下げた頭は、みっともなくて上げれなかったです。


大嫌いな病院で一人でしんどいのを耐えてる父を思うと
眠れないです。

父はきっと鎮痛剤や安定剤で眠らされてるんでしょうけど。


---「後期高齢者医療制度」へ---

 | Top | 

2020-01

+++profile+++


藤乃 -fujino-


Author:藤乃 -fujino-


大阪生まれの横浜人。

・ストリッパー
・ヌーディストパフォーマー
・フロアダンサー e.t.c...

呼び名は色々あれど
要はSexy系ショーダンサー。

芸歴そろそろ20年超え。
(2016年時点)

・・・引き際を見失った踊り子。


が、現在。

東京・新橋にて「Bar F's」の雇われママに。
(2018年現在)


・公式サイト
femme fatale' fujino
・公式サイト/メモリアル版
Le Memoire de FUJINO JAPON
・コラム
Stripper

・過去ログはコチラ


+++登場人物+++


家人
kam'S
http://park5.wakwak.com/~kam/

姐さん
月丘雪乃=月子=月
http://yumyummoon.web.fc2.com/
ストリッパー時代の先輩。
2003年1月~2007年1月まで
「世迷い言(現:月ノ囈言)」と称して
公開交換日記を二人で展開。
公私共々、親密な関係。(笑)

・今までの経緯

+++new+++

+++ブログ内検索+++

+++archive+++

produced by fujino