2011-10-08 [ Sat ]02:35:54
<月ノ囈言>より。

>…眠れたでしょうかね。

実家では部屋が無いので、私の6帖の部屋に私と家人とマーロと大荷物で
狭い狭い。
家人はベッドで寝てもらい、私は下に布団敷いてマーロと寝たんですが
いつもより傍に居るコトに興奮したマーロが
ずーーっとちょっかいかけてきて、寝るに寝れなかったです。

(姐さんが心配してるのはそこぢゃない。)


横浜に帰ってきてからは・・・

毎日イヤな夢を見ます。

夢のなかで・・・私は病院に居るんですよ。

知らない医者が来て、内容は覚えてないんですが
私にとってイヤなコトを言うのです。

目が覚める時、いつも重い気持ちになってます。

考え事がそのまま潜在意識になり「夢」に現れるんでしょうね。

いかんいかん

>昨日は朝血迷言を読んでから一日貴女方のコトが気になってしまい
>何度も血迷言を開けたり閉じたりしてましたよ。(苦笑)


書き逃げのような日記になり・・・スミマセンでした。

とりあえずココに書いとけば、ココを読まないヒトは仕方ないですが
ココを読んでるヒトからの「空気嫁」なメールを受け取らずに済むかな、と。

というより、状況が判ってもらえればな、と。

・・・朝イチの新幹線で向かう、と決め
家人は仕事なので寝てもらい・・・

いつ横浜に帰って来れるか判らないですから、その為の荷造りを。

私の喪服はスーツケースに詰め、家人の喪服はすぐ判るところに出し
掃除・洗濯・・・
家を空けてる間の家人の食事の準備しなくては・・・と思っても
もう涙なんだか鼻水なんだか判らないくらいぐちゃぐちゃで
立ってられないくらいになってきて。

でも顔拭いて鼻かんで、いっぱい深呼吸して、
めいっぱい普通の声で

「今、どんな感じ?」

と、母に電話。

みぃが死んだ時もそうですが、
もう母がダメダメだったんで・・・。
マメに電話しないと、母が倒れてしまいそうでした。

今回も母は手術しないでおこうと思ったみたいです。
莫大なお金がかかって、これ以上私に迷惑かけられない、と。

でも「ママはどうしたいの?パパ寝たきりになるかもしれんよ?」
と聞いた時

震える声で「・・・パパの声、もう一度聞きたい・・・」と。

小さい声で喋ってたんですが、家人も気になって眠りが浅かったんでしょう。
目を覚まし、やり取りを聞いてたようで
「私も行くから。」と、言ってくれ・・・

ですが医者のハナシから「手術の成功率50%、無事でも後遺症残る可能性大。」
と、少しの希望も持てないような言い方をされ
荷造りをやり直してても、どこか上の空。

(家人の服や下着はちゃんと詰めてたのに、私の化粧品や上着など
色々忘れてました・・・)

ホント、大阪向かう時は絶望してましたね・・・

>「大阪は子供と年寄りには手厚い」って話…

これって、大阪「府」ではなく、大阪「市」ですね

現に「大阪市」では「なんでこんなヤツらが?
ってのが生活保護をたんまり受け取ってるのに(B地区とか)

「大阪狭山市」に住む我が親のコト、市は助けてくれませんからね。

(でも事情が変わりましたから。また交渉しに行く予定です。)

後期高齢者医療制度は大阪だけの制度ではないですから
高齢の親御さんをお持ちの方は、ちゃんと申請した方がイイですよ。
こちらから申請しないと、勝手にはやってくれませんしね。

他にも、横浜は70才以上に発行される「敬老特別乗車証(敬老パス)」
があると、バスとか無料になるんですが
そんなの大阪狭山市には無いですしね。
(そもそもあるところが少ないようで、検索すると横浜ばっかヒットします。)

>解らないコトは自分で訊いて、自分が理解しないとです。

ホント今回実感しました。
自分から聞きに行かないと、誰も教えてくれない。
そして判らないコトが多くなると、不安要素がどんどん増えて
動けなくなる。

自分で動いて、自分で重い物下ろして行かないと、と
帰りのクルマでしみじみ思いました。

>休める時は休むコト

・・・はい。

今後、父の肺癌の問題が出てきます。
母は「まだ決まったワケじゃない。」と言いますが
(医者は「専門外なので」と前置きをして「疑わしい」と濁すので。)
あんなに大きな塊はほぼ間違いないです。

ただ、年が年なので進行は遅いでしょうが
少しの寿命を伸ばすために、胸開いたり、
副作用の辛い放射線や抗癌剤で苦しい思いをさせるのは・・・
私は反対です。

肺癌の末期の痛みは師匠のお父様の最期を見てるので十分判っています。

「痛みを取り除く」という治療以外は、
自然に訪れる最期を受け入れようと思っています。

そうはアタマでは判っていても、ココロは苦しく・・・

毎晩、眠れないです。

一人になると、いつもぐずぐずしてます。

自転車に乗ってる時、スーパーで買い物してる時、
髪を洗ってる時・・・雑音があるところだと、もうぐずぐずです

ずっと化粧もしてなかったので、
いつも付け睫毛のノリでかぶれてる睫毛のキワの荒れが治ったのに
目の下(特に目尻寄り)は、泣き過ぎで「涙やけ」みたいになってて(犬かよ)
爛れてます


・・・姐さんにもメールしよう、と思うんです。

でもつい感情的になってしまい・・・
打ちながら、ナニが言いたいのか判らなくなるんです。

ここだと、「不特定多数」のヒトが読んでる、と判ってるので
少し冷静になれるので、とりあえずココに書いてますが・・・。

でも、支離滅裂ですけどね

>東の地から祈ってますよ(´人`)

いつも心配ばかり・・・スミマセン。

姐さんもお父様のコトがあって・・・

私もあの時、どんな言葉をかけても薄っぺらい気がして
伝えたい思いが伝えられず、見守るしか出来ない自分が歯痒かったです。

姐さんもきっとそう思ってくれてるんだろうなぁ・・・と。

堪り兼ねて送って下さったメール、ありがとうございました。

電話しようかとも思ったんですが、
姐さんの声聞いた自分を想像しただけで大泣きしてしまい
かけれませんでした

まだ当分、姐さんの顔も見れないです。
多分帰れなくなります、壊れて


---「お父ちゃんのその後。」へ---

 | Top | 

2020-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

+++profile+++


藤乃 -fujino-


Author:藤乃 -fujino-


大阪生まれの横浜人。

・ストリッパー
・ヌーディストパフォーマー
・フロアダンサー e.t.c...

呼び名は色々あれど
要はSexy系ショーダンサー。

芸歴そろそろ20年超え。
(2016年時点)

・・・引き際を見失った踊り子。


が、現在。

東京・新橋にて「Bar F's」の雇われママに。
(2018年現在)


・公式サイト
femme fatale' fujino
・公式サイト/メモリアル版
Le Memoire de FUJINO JAPON
・コラム
Stripper

・過去ログはコチラ


+++登場人物+++


家人
kam'S
http://park5.wakwak.com/~kam/

姐さん
月丘雪乃=月子=月
http://yumyummoon.web.fc2.com/
ストリッパー時代の先輩。
2003年1月~2007年1月まで
「世迷い言(現:月ノ囈言)」と称して
公開交換日記を二人で展開。
公私共々、親密な関係。(笑)

・今までの経緯

+++new+++

+++ブログ内検索+++

+++archive+++

produced by fujino