2012-05-20 [ Sun ]16:15:06
・・・昨日行って来ました。熊谷まで。

朝出発。土曜なので環八の渋滞にハマり
関越に乗るまで2時間かかりました

高速乗ってすぐ「混雑」のマークが出てましたが、構わず三芳SAへ。


前日までの涼しさは何処へやら。
雲一つ無い晴天のこの日

車の中で「暑いー」「焼けるー」と文句垂れてた私ですが
ソフトクリーム買ってもらって少し黙りました

時間も無いのですぐに出発

東松山で高速を降り、珍しく「ラーメンが食べたい」という家人。

以前、義母と何度か行った居酒屋さんが移転し
跡地に新しく出来たラーメン屋さんへ。「よか楼」っつったっけ。

無駄に広くてお洒落な店内。
エアコンも効いてて、涼みながら食べれます。

家人は普通の「醤油らーめん」。
私は「辛らーめん」を。

家人のは「昔ながらの」「オーソドックスな」醤油でフツーに美味しかったのですが
私のは、塩?醤油?のスープをお湯で割って
ラー油みたいな辛いのを混ぜたようなスープ。

味、薄いのに辛い。

失敗でした

ラーメン屋なのに出てくるのがめちゃくちゃ遅かったので
無駄に時間喰ってしまい、とっとと脱出。

供花と花の種を買いに、義母ともよく行った農協へ。

義母が好きではなかった「菊」の入ってないのを購入

お寺さんに行き、住職と奥さんと4人で
お茶を飲みながら他愛ない世間話を

住職も奥さんもまだ若く(住職と家人は同い年)
堅苦しくない方達なので、ラフに話せるのがありがたいです。

長居も失礼なので、お布施を渡しお宅を後にしました。

お墓の草むしりをして除草剤を撒き、空いてるところに花の種を蒔きました。
花を供え、墓石にお水をかけ、お線香をあげ、手を合わせました。


お墓参りも無事終わり、次はいつものコース

のんびりドライブしながら長瀞に向かい、
途中<ふくろや>さんで「すまんじゅう」を買い
<阿左美冷蔵>にも行きたかったのですが、夕方でもやはり少し行列が

17時までに秩父に行きたかったので、間に合いそうにないので断念

秩父に向かいます

16時45分頃、秩父駅そば<ホルモン高砂>到着!

17時の開店と同時に満席、1時間後には肉売り切れ、と
おそるべし人気店

店の入り口に向かうとちょうどご主人が出てきたところでした。
私たちの顔見るなり、ご主人「あいたっ」の表情

ご主人「今日は予約でいっぱいなんですよーー

私「え゛ーー

ご主人しばし考えた後

「・・・1時間待てますか?」

私「食べれるなら待てますっ(鼻息)」

家人「・・・でも大丈夫なんですか?

ご主人「せっかく横浜から来てくれてるんだもん。なんとかします!」

私のケイタイ番号を伝え、秩父駅の仲見世商店街をぶらついたり
「かえでサイダー(秩父で採れるメイプルシロップ入りのサイダー)」なる
微妙なモノを飲んだりして時間を潰し
めでたくホルモンにありつけました

「豚一頭でこれだけしか取れないんだけど」と
ご主人がサービスで「サンカク」を食べさせてくれました

「サンカク」というと鶏では尻尾のコト。
牛や豚の場合「肩バラの一部」らしいんですが
昨日食べたサンカクは、どー見ても豚の尻尾でした

2切れ(円すい状の部位を半分に切って2切れ)でしたしね。

柔らかい軟骨のような食感で、脂もあって美味しかったです

帰りはいつも頂く「秩父の美味しい水」を貰い、
ご主人に見送って頂きました。

やっぱこの店大好きです


そして恒例、秩父駅前のミスドで、カフェオレとドーナツを食い上げ
「もー何もいらん」と助手席で爆睡しながら帰路につきましたー

 | Top | 

2020-01

+++profile+++


藤乃 -fujino-


Author:藤乃 -fujino-


大阪生まれの横浜人。

・ストリッパー
・ヌーディストパフォーマー
・フロアダンサー e.t.c...

呼び名は色々あれど
要はSexy系ショーダンサー。

芸歴そろそろ20年超え。
(2016年時点)

・・・引き際を見失った踊り子。


が、現在。

東京・新橋にて「Bar F's」の雇われママに。
(2018年現在)


・公式サイト
femme fatale' fujino
・公式サイト/メモリアル版
Le Memoire de FUJINO JAPON
・コラム
Stripper

・過去ログはコチラ


+++登場人物+++


家人
kam'S
http://park5.wakwak.com/~kam/

姐さん
月丘雪乃=月子=月
http://yumyummoon.web.fc2.com/
ストリッパー時代の先輩。
2003年1月~2007年1月まで
「世迷い言(現:月ノ囈言)」と称して
公開交換日記を二人で展開。
公私共々、親密な関係。(笑)

・今までの経緯

+++new+++

+++ブログ内検索+++

+++archive+++

produced by fujino