2007-11-21 [ Wed ]02:36:25
<消えた投光マン、現る。その1>

<消えた投光マン、現る。その2>


「似たもの同士」


彼は2年。私は4年。
「あの世界」を突っ走ってたんだと思います。


踊り子も従業員も、皆最初は初めて飛び込んだ「芸界」に
結構ハマったりするんですよ。

あの「異空間」や、独特の「ドロ臭さ」が、妙にカッコよく思えたり。

何より面白かった。
舞台を創るのが。表現するのが。

投光さんも「舞台創り」の大事なパートナーだったと思います。
(ま、そう言える投光さんなんて、ほんの一握りでしたが。)

だから彼もハマったんでしょうね、「芸界」に。

でも・・・色々「見えてくる」んですよ。

「汚いモノ」が。

私達、ポジションは違うんで「見えたソレ」は違ったかもしれないけれど
でも同じ芸界の住人でしたから。

「長く居る場所ではない。」

そう感じたのは多分同じだったと思います。

そして業界のヤなとこ見続けて腐ってしまう、その「前」にヤメてんですよね。私達。

だから未練タラタラなんです。(ま、私は過去形ですが。)

辞めても行く場所が無いから
ヌルくて居心地がイイから
ズルズルと続けてしまう・・・

そんなのばっか残って、芸界は廃れて行き・・・。

そーゆーの見る前・・・や、少し見えちゃったんですよ。

・・・で、飛んじゃった。私ら二人。

(一緒に飛んだんぢゃないですよ。誤解無きよう。^^;)

勿論、「飛んだ」理由はそれだけじゃないですけどね。お互い。


・・・つーかさ、今もこんな「熱い」投光さん。
居るんかいな、あっちに。

-----

彼が書いてた、私の7つの演目・・・。

98年8月頭の興行で2演目。
99年7月末の興行で5演目。


「西の九条○S、東の日の出」

と、二大変態小屋(爆)と言われていた「日の出ミュージック」。

経営者が変わり「シアター・ラ・ブーム」なんて
洒落た名前に変わり、暫く経った頃、初乗りしました。

(今はまた経営者が変わり「浜劇」となってますが。)

その週は、まだキャリア3年の私が一番古いっつー
所謂「アイドル香盤」で、ま、「AV」という意味の無い肩書きを持った私が
いつもの如く「トリ」でした。

初日の一回目が始まる前、皆が乗り込み
慌しく化粧前を広げ、バタバタと準備してるとき
劇場従業員にしては珍しい「白いカッターシャツ姿」の長身の彼が
楽屋に挨拶に来ました。

「お噂は聞いておりました。」

と、深々とアタマを下げる彼に

「どーせ、ロクな噂じゃ無いくせに。」

と、言ったかココロに留めたかは定かでは無いですが
とりあえず、彼のそのテイネイな対応に戸惑いつつ
(だって劇場生活してると、そーゆーヒト珍しい。^^;)
早速照明の打ち合わせ。

当時、私は「照明進行表」なるモノを演目毎に提出しておりました。

「音出し」や「幕を開けるタイミング」、「ピンを当てる、又は切るキッカケ」
「照明の色」や「ストロボがどーのこーの」etc...。

ダンス・脱ぎ・ベット入り、ベット・立ち上がり・・・全てに於いて
事細かに書いてました。

ワープロで。←じ、時代が。^^;

が、そんなもの、居眠りこきながら仕事してる投光には
疎ましがられるばかりでしたが
「ヤル気」のある投光さん(こっちはサン付け。笑)は

「またオマエかーー」と、文句言いながらも
気合入れて私のリクエスト「以上」の照明を当ててくれたのでした。

そして彼もその一人。

ラ・ブームはハコ自体が狭いので、舞台と投光室の距離が狭く
投光さんの顔がよく見えるんですが
彼の投光は、私の動き一つ一つを

「目と光で追いかけてくる。」

そんなカンジがしました。

光に追われ、そして包まれ・・・。

「一緒に舞台を創ってる。」

それを実感すると、踊りながら全身鳥肌が立つんです。

ナルシスト・・・それとはちょっと違うんですけどね。

「自分に酔う」というより、その「空間に酔う」んですから。

・・・「ボヘミアン・バレエ」という演目の2曲目。

かなり激しく踊るんですが、
途中、一瞬動きを止め、客席に背を向けた私に
キツめのバックライト2本が交差。そのクロス中央と私が重なる。

・・・ゾクゾクしたなぁ、毎回。

たまにズレると悔しくて。(笑)

他にも色々覚えてるんですけどね。
書き出したらキリが無い。^^;


ちなみに・・・

もう一人の従業員で「Iちゃん(男です)」
ってのが居たんですが、彼が投光すると
私の出した進行表と私の動きと照明操作に目が回った彼は
たまに放心状態に。^^;

酷い時は気絶している時がありました。(爆)

勿論、舞台終了後、私の怒声が響くワケですが。(自爆)


---その4へ続く。---

 | Top | 

2020-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

+++profile+++


藤乃 -fujino-


Author:藤乃 -fujino-


大阪生まれの横浜人。

・ストリッパー
・ヌーディストパフォーマー
・フロアダンサー e.t.c...

呼び名は色々あれど
要はSexy系ショーダンサー。

芸歴そろそろ20年超え。
(2016年時点)

・・・引き際を見失った踊り子。


が、現在。

東京・新橋にて「Bar F's」の雇われママに。
(2018年現在)


・公式サイト
femme fatale' fujino
・公式サイト/メモリアル版
Le Memoire de FUJINO JAPON
・コラム
Stripper

・過去ログはコチラ


+++登場人物+++


家人
kam'S
http://park5.wakwak.com/~kam/

姐さん
月丘雪乃=月子=月
http://yumyummoon.web.fc2.com/
ストリッパー時代の先輩。
2003年1月~2007年1月まで
「世迷い言(現:月ノ囈言)」と称して
公開交換日記を二人で展開。
公私共々、親密な関係。(笑)

・今までの経緯

+++new+++

+++ブログ内検索+++

+++archive+++

produced by fujino