2018-08-29 [ Wed ]23:46:27
先週の出来事。(長いですー)

店の扉が開き、50代?とおぼしき男性が

「ワタクシ、森○一さんや五木○ろしさんと同じレコード会社から曲を出させて頂いている者です!」と。

「流しでは無いんですが」をちょいちょい挟みながら、
テイネイな口調でありながら
何度も言い慣れ過ぎてるせいかセリフ化してしまっていて全くテイネイさを感じない説明(笑)で

「歌を聞いて欲しい」
「CDを買って欲しい」と。


私がポカンと見ていると←なんか言えw

うちのお客様が「リクエストしたらそれも唄ってもらえるんですか?」と、質問。

したら

「ワタクシ流しではございませんので。」と、キッパリ。

お客様、失笑。

「じゃ、残念ですが。」と、私。

…んーなさ、イマドキそんなサービス精神も持たないでどーすんの。

リクエストに応えて唄ってくれれば、きっと貴方の持ち歌も聞いてもらえ、CDも買ってもらえたのにさ。

(そんな情けで買ってもらうのはイヤ、って意見もあるでしょうが
それはまぁ置いといて)

プライド持つのは大事だけど、聞いてもらえなきゃ意味無いんだよ。

聞いてもらうために、折れなきゃいけない時もあるんだよ。

…私は今まで色んな歌手の方と仕事してきました。

どんなに歌が上手くても、
タイミングだったり、
事務所の大きさだったり、
その時の時代だったり…

色んな状況が揃わないと売れないのが実情。

CD出したはイイが残ったCDは全て買い取り(らしい)。
あとは「手売り」するしか無い(らしい)。

事務所の方が、地方の飲み屋に
「歌謡ショーいかがですか?」とポスター持って売り込んでも

「そんな歌手知らないし」

と、門前払い。

「ではヌードショーも付けますので」

そうして私達ダンサーにお声がかかるのでした。(今はやってないですよー)

歌謡ショーでは
まず1曲目に「流行りの歌(でも自分の歌では無い)」を唄って場を掴んだあと自己紹介。

そのあとはお客様(モチロン素人)とのデュエットを何曲かこなしたあと
ようやく自分の持ち歌を披露。

皆さん知らない曲だったりするので若干盛り下がったりしますが、
最後は誰もが知ってる誰かのヒット曲を唄って〆ます。

その後、私のショーの最中に、歌手さんが客席を廻り自らCDを手売りします。

変なプライドで「デュエットをやらなかった」歌手は、殆どCD 買ってもらえません。

変なプライドで「ストリッパーと一緒の控え室はイヤ」と言った歌手は、
お客様が出したお金、全部私のガーターベルトに入るよう、
満面の笑顔で私が仕向けます(笑)

…ハナシ逸れました。にゃは。

そうやって、苦渋の思いで自分の歌を聞いてもらおうと頑張っていた歌手さん沢山見てきたので
なんか、あーゆーの見るとガッカリしましてね。

綺麗事ばっか言ってたら、旬もチャンスもアッと云う間に過ぎちゃうよ。

せめて、プライドと中身のレベル、揃えてから人前に出ようよ。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | Top | 

2020-01

+++profile+++


藤乃 -fujino-


Author:藤乃 -fujino-


大阪生まれの横浜人。

・ストリッパー
・ヌーディストパフォーマー
・フロアダンサー e.t.c...

呼び名は色々あれど
要はSexy系ショーダンサー。

芸歴そろそろ20年超え。
(2016年時点)

・・・引き際を見失った踊り子。


が、現在。

東京・新橋にて「Bar F's」の雇われママに。
(2018年現在)


・公式サイト
femme fatale' fujino
・公式サイト/メモリアル版
Le Memoire de FUJINO JAPON
・コラム
Stripper

・過去ログはコチラ


+++登場人物+++


家人
kam'S
http://park5.wakwak.com/~kam/

姐さん
月丘雪乃=月子=月
http://yumyummoon.web.fc2.com/
ストリッパー時代の先輩。
2003年1月~2007年1月まで
「世迷い言(現:月ノ囈言)」と称して
公開交換日記を二人で展開。
公私共々、親密な関係。(笑)

・今までの経緯

+++new+++

+++ブログ内検索+++

+++archive+++

produced by fujino