2007-03-25 [ Sun ]05:09:05
月子姐も<+++世迷い言+++>に書いてますが…


踊り子時代、唯一「信頼出来る」劇場関係者だった、
A氏が亡くなりました。

昨夜、仕事帰りの電車の中で、姐さんから訃報メールを受信。

「思い出でも書こうかな…。」

なんて言ってたのに、思い出すほどテンション下がってしまい
結局書けずじまいでした。


>…その方はね、
>その方の劇場に乗ると大概楽屋に来てですね
>仲の良い踊り子さんには
>「殴る蹴る」「両足を持って楽屋中引きずり回す」の暴行を振るい
>散々暴れて帰って行くのでした。


それも、大部屋等で皆が居る前でやるなら「ウケ狙い」なの判るんですが
小部屋で一人居るときに、いきなし乱入し(しかも初日)
せっかく広げた化粧前をメチャメチャにし(爆)

「出番間に合わんからっ」

って言ってるのに、殴る蹴るの暴行。(爆死)

最初はホント、ワケがわかりませんでしたが。^^;

>楽日のギャラを出番中舞台の上に放り投げ
>「後で領収書持って来いや!」


私はポラ中に、代引きで届いた荷物を舞台に投げられ
「今、払え!」と。(爆)

しかも、オープンの時には息子(多分、当時2~3才)と乱入。

「おいっ、アイツのマ○コ見て、オエーって言うたれ!」

…。(-_-)

>コレが彼の「愛情表現」みたいなモンで

…そうだったんでしょうか。(爆)

>「暴れん坊」ではあるモノの、「敵」はいなかった。
>かえって皆、彼を「好き」でした。


でしたね。
私も何故か憎めず。

色んな姐さんたちから、A氏のハナシは聞いてましたが
誰も彼を悪く言いませんでしたね。

一番覚えてるのは、神戸の震災の時
神戸第一にタレント(関西系)が取り残されてるというのに
誰も助けに行かない中、彼だけが

「行くぞっ」

と、従業員を引き連れ助けに行ったとか。

「Aりん(←愛称。笑)が、カッコよく見えた。」

助けてもらったウチの小屋の姐さんが言ってましたよ。

>藤乃は新人の頃か
何かあって劇場で泣いていた際


なんか、すごい純情な新人時代があったみたいぢゃないですかっ。(爆)

>この方は獣のお面を被ったまま藤乃を
>「真面目~に」宥めてくれたらしいです。


デビューしてから初めての正月興行。

私は自分の所属小屋「晃○ショー」でトリでした。

私はまだデビューして8ヶ月目でしたが
既に事務所の意向(アイドルとして育てたい)に反抗し出した頃で
連日師匠と相談しながらレッスンし、正月用の演目を創りました。

その中で「ある演出」があったんですが、それが結構大変で
毎日朝までレッスン。

フラフラで正月初日を迎えました。

お陰で、評判は上々。

なのに翌朝。
劇場に向かう車中で、小屋のママから電話が。

「その演し物やめろ。」と。

納得出来る理由も言ってくれず、ただ「やめろ」と。

まぁ、ママに言われれば「絶対」ですから。

が、あの辛いレッスンや、初日の評判を思うと、悔しくて悔しくて。

劇場着いて、今にも泣きそうな顔で階段あがろうとしてる私を
テケツに居たワカが呼び止めてくれました。

テケツの中には、ワカと正月挨拶に来てたA氏。

が、挨拶まわりに来てると言うのに、A氏は
顔上半分がオオカミのお面(というより被りモノ)を装着。

ご機嫌でした。

そして、珍しく慰めてくれてるワカの横で

「何故、あの演出がダメだったのか。」

A氏の観点で説明してくれました。

上半分、オオカミのままで。(爆)

多分、ずっと被ってて、本人もう付けてんの忘れてたと思います。

ちゃんとカラダの距離は空いて喋ってんですが
マズル(鼻)が長いせいで、顔は物っすご近距離。

で、説明。

真面目に。(爆)

オオカミで。(爆)

悔しくて泣きたいのに、泣けませんでした。(涙爆)
でもこの時から
いざと言う時は、我が小屋よりも、このヒトに相談した方がイイのかも…

と、思うようになりましたね。

>この方がワタクシを「良し」と思ってくれたおかげで
>ワタクシはこの劇場を、
>長いコト全館定期的に年2回乗せて戴けました。


ちなみに、私と雪乃姐が一番たくさん「一緒に乗った」小屋は
このA氏のチェーン館でした。

当時、アイドルばっかの香盤を組む小屋が増えてく中、このチェーン館は
花電車や白黒、あと姐さんや私みたいな

「アイドルではない」

「万人ウケしない」←自爆。

そんな舞台をする踊り子などで「個性的」な香盤を組み
そーゆー週に、姐さんと私をよく一緒に乗せてくれましたよね。


「舞台」


ちゃんと観ててくれたんですよね。

野次るけど。^^;




体調を崩し、皆が心配してるにもカカワラズ
相変わらず奔放に振る舞ってたのは噂で聞いてました。

でも、あんな野蛮なヒト(おい)が、病気に負けるなんて
なんか…、実感沸かないですね。


たった4年しか居なかった私なんて、A氏の記憶には残ってないかもですが
少なくとも私は、あの業界を心底キライになれなかった理由の一つに
A氏のようなヒトが居てくれたから、と思ってます。




ホントお疲れさまでした。

いい加減、ゆっくり休んでくださいね。^^

 | Top | 

2020-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

+++profile+++


藤乃 -fujino-


Author:藤乃 -fujino-


大阪生まれの横浜人。

・ストリッパー
・ヌーディストパフォーマー
・フロアダンサー e.t.c...

呼び名は色々あれど
要はSexy系ショーダンサー。

芸歴そろそろ20年超え。
(2016年時点)

・・・引き際を見失った踊り子。


が、現在。

東京・新橋にて「Bar F's」の雇われママに。
(2018年現在)


・公式サイト
femme fatale' fujino
・公式サイト/メモリアル版
Le Memoire de FUJINO JAPON
・コラム
Stripper

・過去ログはコチラ


+++登場人物+++


家人
kam'S
http://park5.wakwak.com/~kam/

姐さん
月丘雪乃=月子=月
http://yumyummoon.web.fc2.com/
ストリッパー時代の先輩。
2003年1月~2007年1月まで
「世迷い言(現:月ノ囈言)」と称して
公開交換日記を二人で展開。
公私共々、親密な関係。(笑)

・今までの経緯

+++new+++

+++ブログ内検索+++

+++archive+++

produced by fujino