2009-01-21 [ Wed ]03:46:39
・・・終わりました。


この店に年末行った姐さんのハナシだと
「閉店」のハナシは、お客さんともホステスちゃんとも一切出なかった、と。

なので閉店の話は「禁句」ムードかと思いきや
店に入るなり、

「藤乃ちゃーーんっ!(;TДT)」

と、通路やトイレ前で女の子達に捕まり

「「閉まるんだよ~。(;>_<;)」
「もう会えないね。(/_;)」
「これからどーすんの?」


と、ミニ会議。^^;
とは言っても、話す内容はずっとこんなカンジで同じでしたが。

で、色々聞きました。
「本当の理由」など。

ま、今となってはどーでもイイことなんでしょうけどね。

「そんなコトがあったんかぁ・・・」

ちょっと可哀想に思いました、店が。

とまぁ、楽屋に辿り付くまでに、
ミニ会議しまくりで、胸いっぱいのお腹いっぱいになり
(しかも風邪でアタマはボケボケ)
複雑な心境のままショースタート。

ここ数ヶ月、平日の出演ばかりだったんですが
その割にお客さんは多く

「今日はヒマやなぁ・・・」

なんて日には当たらなかったのに
この日(火曜日)はお客さん少なめ。

「もう終わりやから、女の子もあんま営業かけてないんやろなぁ・・・」

などと思いながら踊ってました。
でも、常連さんは殆ど皆さん顔出してくれていて
そんな状況に少しずつ「最後」を感じながらアクトへ。

すると、いつもは「二部」からしかいらっしゃらないお客さん発見。

アクトでテーブルに行くと

「会いたくて頑張ってきちゃったよ。^^」

白髪に優しい笑顔のそのお客さんの言葉聞いて
泣きそうになりました。

ショー終了後、いつもの常連のお爺ちゃんのテーブルで
「最後のお弁当(いつも作ってきてくれる)」を戴きながら
(いつもは持って帰って食べるんですが、
この日は少しだけ、席で戴きました。)
付いてる女の子達と、爺ちゃん放っぽって、またまた会議。(こらこら)

・・・この会社のコト、色々聞きました。

最初はしんみり、ため息混じりに話してましたが
段々、女の子達も開き直ってきて^^;

「もう最後だしねー」

と、暴露談義。

や、私が暴露するコトなんて何もありませんから。
女の子達から色々聞けました。^^

中でも一番笑ったのが、去年ヤメた某ヌードのハナシ。
ココの客と付き合ってたらしく
秘め事中の写真を見せられたそうです、その客から。

女の子曰く、「こんなの私達に見せる客と付き合うのもどうかと思うけど
そもそも撮らせんなよ。」
と、その子らしくないセリフ聞いて爆笑。

つかその某ヌード。
東北某店の客と寝てカネ引っ張ったり、と
華々しいキャリアの割りに、やってるコトはお下劣なコトが多いようで。

・・・と、多分ココ読んでるハズなので書いてるんですけどね。

「バレてるよー」とwww

ま、こんな下衆な話はさておき。

あとは女の子達の年齢暴露などで盛り上がり終了。
二部があるので「最後の挨拶」はしないで席を立ち
他のお客さんのテーブルへ、簡単にご挨拶回り。

そして最後に、さっき書いた「白髪」のお客さんのテーブルへ。

ショー以外でお話するのは初めてです。

隣には、ココで一番のベテランのMさん。
大好きなホステスさんです。

7年前、初めて出演した時から

「藤乃さんは他のダンサーとは違う!」

と、勿論お世辞なのは百も承知ですが
そんな言葉で元気を下さったMさん。

衣裳も毎回楽しみにしてくれ、
話す機会があれば必ず衣裳も褒めて下さいました。

この日も、この店に通って20年という、その「白髪」のお客さんと一緒に
今までの思い出話に花が咲き
Mさんとお客さん二人で

「今まで見たダンサーの中で藤乃さんが一番だった。」

と、例え嘘でもお世辞でも
涙が出るほど嬉しい言葉を沢山かけて下さいました。
中でも

「藤乃さんのショーは品がある。」

という言葉は
最近、とあるイベンターさんから、とても心外なコトを言われたばかりだったので
尚更嬉しく、またまた泣きそうに。

今までのお礼を言いたくてご挨拶に行ったのに
逆に「今までありがとう」と、感謝され・・・

後ろ髪引かれる思いで、楽屋に戻りました。

二部では「もう最後だから」と、皆さんいつもより多めにチップ挟んで下さいました。

終始笑顔を心がけましたが、
「もう、ほんまに会うコト無いんやな・・・」
そう思うと、一曲終わる毎に寂しさが増しました。

ラスト。
舞台に戻り、曲が終わると同時に頭を下げ

「ありがとうございました!」

すると、いつも以上に沢山の拍手。
中には立ち上がって見送って下さるお客さんも。

・・・またまた泣きそうになりました。

楽屋に戻り片付け完了。
私服姿にスーツケース転がしながら
最後にもう一度、常連さん達のテーブルへご挨拶に。

「元気でね。」
「あんま飲み過ぎたらアカンよ。」

握手する手に力がこもります。

従業員さんからも「また電話するよ。」と言われましたが
多分、もう二度と、話すコトも会うコトも無いんやろなぁ・・・


帰り際、「白髪」のお客さんに

「まぁ、藤乃さんには、こんな店で踊るの勿体ないしね。^^」

と、言われました。

色んな現場で、虚しさ・やるせなさを感じるコトが多いこの仕事。
そんな中「知ってる顔」が迎えてくれるこのお店に
気持ちを温めてもらうコト、何度もありました。

少し「大阪」に近い居心地を感じる店でもありました。

「常連さんのお顔が見れるコトで、私は何度も救われました。
だからこんなに長く続けられたんですよ。」

自分でそう言いながら、また支えが一つ無くなるコトを実感しました。

正直この店で、頭キたこととかも何回かありました。^^;
でもその当人に帰り

「今までありがとうね。」

と言われ、
今まで我慢してた涙が不覚にも流れてしまいました。

なんか悔しい。(爆)



2001年9月に出演して以来、この日がちょうど60回目の出演。

こんなに呼んで戴いて感謝しています。

長い間、お世話になりました。
皆さん、お元気で。

 | Top | 

2020-01

+++profile+++


藤乃 -fujino-


Author:藤乃 -fujino-


大阪生まれの横浜人。

・ストリッパー
・ヌーディストパフォーマー
・フロアダンサー e.t.c...

呼び名は色々あれど
要はSexy系ショーダンサー。

芸歴そろそろ20年超え。
(2016年時点)

・・・引き際を見失った踊り子。


が、現在。

東京・新橋にて「Bar F's」の雇われママに。
(2018年現在)


・公式サイト
femme fatale' fujino
・公式サイト/メモリアル版
Le Memoire de FUJINO JAPON
・コラム
Stripper

・過去ログはコチラ


+++登場人物+++


家人
kam'S
http://park5.wakwak.com/~kam/

姐さん
月丘雪乃=月子=月
http://yumyummoon.web.fc2.com/
ストリッパー時代の先輩。
2003年1月~2007年1月まで
「世迷い言(現:月ノ囈言)」と称して
公開交換日記を二人で展開。
公私共々、親密な関係。(笑)

・今までの経緯

+++new+++

+++ブログ内検索+++

+++archive+++

produced by fujino