2009-07-13 [ Mon ]05:40:58
Lは私にとって、妹のような存在でした。

デビュー当時は、太ってた上、全然垢抜けてなくて
どちらかというと「ヤンキーあがり」みたいな風貌でしたが
(姐さんは「演歌歌手みたいだった」と<-月ノ囈言->に書いてますが。^^;)


とにかく私のコトが大好きで、ずっとくっ付いて来ました。


一緒の小屋に乗る時は勿論のコト
私が関西の小屋に乗ってる時は毎日のように顔を出し
私が別に可愛がってるコ(以下、R。)が居るのに気が付くと

「アンタ、あんま藤乃姐さんに近づかんといてくれる?」

と、まるで中学生みたいな「呼び出し(爆)」を本気でやり
私がRに買ってあげた化粧前に敷く「敷物」や「部屋着」を
Rの出番中に勝手に捨てたり
そんなヤキモチを焼く、ま、やり過ぎなんですが「可愛い(?)」子でした。

(余談ですが、RはLのイジメによって「女の世界」がイヤになり
5週でヤメました。^^;でも、その後も私とRの付き合いは続きましたが。^^)

Lは私の身の回りのコトもせっせとしてくれました。

破れた衣裳を縫ってくれたり、
壊れた小道具を直してくれたり、なんてのは
その後も歴代後輩達がやってくれてましたが(私、裁縫てんでダメなんで。^^;)
Lは、そんなコトでは飽き足らず。


姐さんとも一緒だった「DX歌舞伎」。

確かその週、私は小部屋に入ってたんですが
(ココの楽屋は大部屋でしたが、大部屋の中に小部屋があり
トリの踊り子が入りました。)

Lはずーっと、狭い小部屋に居り浸り
出番の合間、寝てばっかの私の傍に居ては
寝てる私に毛布をかけたり、靴下を履かせたり^^;
そろそろ起きる頃に、珈琲の出前を取り
寝起きで「ぼー」っとしてる私の髪にブラシをかけ
届いたアイス珈琲にガムシロ・ミルクをスタンバイ。
ストローをさし、何故か一口自分で飲み(爆)

「はい♪オネータマ。^^」←こう呼ばれてました。(恥)

と、口元まで持って来てくれ・・・

・・・書いてて気持ち悪くなってきました。(自爆)

私もそんなLのために、新しい演目を作る時は
私が曲を選んであげ(洋楽殆ど知らない子だったので)
衣裳も私が選び、振り付けからナニから、全部やってあげてました。

終演後、朝までレッスンなんてのはしょっちゅうで
いつだったか、奈良の小屋でのレッスン中に私が舞台から落ちたコトがありました。

左足に重心を置いて落ちた為、足の小指が砕け、
丸い舞台を囲むように付いていた手摺と舞台の間に落ちたので
手摺にぶつけた右足の脛の筋肉は断裂。

両足ヤラレたお陰で全く立てず
従業員のクルマの助手席に自分で座れない私は
Lの膝の上に座らされ、痛みに耐えながら、
深夜病院に行ったこともありました。


私に気に入られたくて、ダイエットをし
私に気に入られたくて、お化粧も練習し・・・

段々とエスカレートしていったLは
気味悪いくらい、私と同じような化粧をするようになってました。
(ちなみに、Lはいつも口元に「付けボクロ」を描いてましたが
私はそんな昭和なメイクはしてません。爆)

他の姐様方やお客さんから

「L、藤乃のコピーみたいやなぁ。」

と、言われるようにもなりました。

それはLにとって最高の褒め言葉だったようで

「オネータマみたいになれるよう、Lがんばるっ♪」

と、ヒートアップ。
髪型も持ってるモノまでも、真似するようになりました。

普通ここまで来ると、
大抵気持ち悪くなって仲違いするようになるんでしょうが
私は何故かそんなLが可愛くて
(や、可愛くは無いんだけど(こらこら)放っておけなくて。^^;)
何かと面倒見てました。

そしてこれも何故か、私は真似されてるだけなのに

「藤乃が舎弟持って(舎弟ってよ。失笑)調子に乗ってる。」

と、なんとも恥ずかしい噂が立ち始め・・・


・・・我が小屋でLと一緒になった週のコト。

私の出番はトリだったんですが
私のポラ中、他の姐様方はフィナーレ待ちの為
幕裏でスタンバイしてました。

私が「ありがとうございました。」と、引っ込むと同時に
フィナーレの曲がかかります。

トップの姐様方から順に舞台に登場するワケですが
ここは踊り子紹介のMCが短く、
急がないとすぐに私の名前が呼ばれてしまいます。

出番終わって汗だくのカラダにフィナーレ着を着るのは厄介で
Lはいつも

「はい♪オネータマ。^^」

と、私のフィナーレ着を広げて持って待っててくれ
私に着せてくれるのです。

他の姐様方は、そんな私達二人を白い目で見ながら、舞台へ。

しかも、その週の舞台ソデには、某大姐様の

「100万はする」

と、言われてるキモノが掛けてあり
Lはそのキモノを踏んだまま

「はい♪オネータマ。^^」

と、やってたらしく、当然、大姐様は激怒。

「藤乃が舎弟・・・(以下略)」

と、ふれて廻ってた、と聞きました。

ま、踏む方が勿論悪いのですが
そんな高価な衣裳、ソデに掛けてるのもどうかと思いましたが。

・・・そんなコトもあり、
私達の悪い評判を懸念したうちの小屋は
私達を同じ小屋に乗せなくなりました。

それでもそんなコト、二人には関係無かったです。


---その4へ続く。---

 | Top | 

2020-01

+++profile+++


藤乃 -fujino-


Author:藤乃 -fujino-


大阪生まれの横浜人。

・ストリッパー
・ヌーディストパフォーマー
・フロアダンサー e.t.c...

呼び名は色々あれど
要はSexy系ショーダンサー。

芸歴そろそろ20年超え。
(2016年時点)

・・・引き際を見失った踊り子。


が、現在。

東京・新橋にて「Bar F's」の雇われママに。
(2018年現在)


・公式サイト
femme fatale' fujino
・公式サイト/メモリアル版
Le Memoire de FUJINO JAPON
・コラム
Stripper

・過去ログはコチラ


+++登場人物+++


家人
kam'S
http://park5.wakwak.com/~kam/

姐さん
月丘雪乃=月子=月
http://yumyummoon.web.fc2.com/
ストリッパー時代の先輩。
2003年1月~2007年1月まで
「世迷い言(現:月ノ囈言)」と称して
公開交換日記を二人で展開。
公私共々、親密な関係。(笑)

・今までの経緯

+++new+++

+++ブログ内検索+++

+++archive+++

produced by fujino